糖尿病の食事療法のポイント

1、適正なエネルギー量を摂取する

毎日の食事で過剰なエネルギー量を摂取すると、糖尿病の人ではそれだけで血糖値が高くなります。

糖尿病の患者さんは、食事のエネルギー摂取量を制限し、血糖値をコントロールする必要があります。とくに肥満している人は、まず肥満を解消することが大切です。肥満はインスリンの働きを悪くする原因になるからです。

ひとくちに食事制限をすると言っても、単に食事の量を減らしては栄養が不足し、日常生活を送るのにも差し障りが出てきます。これでは治療の目的は果たせません。

そこで、個々の患者さんにとって普通の生活をしながら、標準体重を維持できる最小限のエネルギーまで制限することが必要になります。このエネルギー量を「適正エネルギー量」といい、その人の年齢、身長、体重、運動量(強度)を基本に、病態や合併症などを考慮して決められます。

一般に適正エネルギーの算出には以下の計算式を用います。

 

◆標準体重の計算式

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

 

◆適正エネルギー算出法(一日量)

●主に部屋の中で生活している人

標準体重(kg)×25kcal=適正エネルギー

 

●とくに重労働をしていない人

標準体重(kg)×35kcal=適正エネルギー

 

●重労働をしている人

標準体重(kg)×40kcal=適正エネルギー

 

ただし、正確な適正エネルギー量と摂取方法については、治療の最初の段階で石や栄養士が指示しますので、それに従ってください。

また、治療経過や仕事量の変化、体重の推移、さらに症状の進行(合併症の出現)などによって適正エネルギーは変化することも知っておいてください。

 

 

2、バランスよく栄養成分をとる

糖尿病の患者さんのなかには、血糖値を下げるには、ただ単に食事を制限すればいいのだろうと、適正エネルギーの半分しか食べないで栄養失調になったり、糖質がよくないからと、ごはんやパンを一切とらず、エネルギー不足となって体調を崩す人がいます。

糖尿病の食事療法は、食事量を極端に減らしたり、そのために一食抜いたり、糖質をとらないことではないことをよく理解していただきたいと思います。決められた摂取エネルギーの範囲内で、できるだけ栄養のバランスのとれた食事をとることが大切なのです。それには、糖質、たんぱく質、脂肪の三大栄養素をバランスよくとることが大切なのです。

一般の目安としては、総エネルギーの50~60%を糖質、15~20%をたんぱく質、20~25%を脂肪でとると良いとされています。さらにビタミンやミネラル、食物繊維の摂取も欠かせません。

 

 

3、油脂は控えめに

少量でも高エネルギーなのが油脂です。油は、1gで9kcalものエネルギーがありますから、唐揚げとドレッシングのたくさんかかったサラダなどを合わせてとったりすることの内容に気をつけてください。

油脂は、味付けや調理法に工夫を凝らすことで減らすことができます。例えば、マヨネーズやドレッシングが欠かせない生野菜サラダは、更新料やレモン、ハーブなどを加えることにより油の使用量を減らすことが出来ます。また、脂肪の多い肉類などは、網焼きにして余分な脂肪を落としたり、茹でてから調理すると良いでしょう。

 

 

4、どか食いや早食いを避ける

大食いの人は、たいてい早食いです。急いで食べると、満腹感を指令する脳の満腹中枢が働くのに15~20分ぐらいかかるために、満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうので、つい大食いになってしまいます。ゆっくりよく噛んで食べれば、食べ過ぎる前に満腹指令が脳に届きますから、食欲を抑えられます。一口につき、少なくとも15回噛むことを心がけ、ひとつひとつの料理を味わうように食事しましょう。

また、最近、朝食を抜く人が多く見られます。一食抜くと、次の食事で食べ過ぎてしまいどか食いにつながります。ひいてはインスリンの需要も増大してしまいます。

食事は1日3食が基本ですので、残業などで夕食が遅くなりがちな人は、一時しのぎとして牛乳を飲み、そして帰宅後に夕食をとるときに,牛乳分のエネルギーを減らすようにします。

 

 

5、無理せず時間をかけて減量する

糖尿病の悪化や、合併症の発症・進行を防ぐには、肥満の解消が大切です。そのためにも食生活の改善は有効なのですが、効果の現れ方には個人差があります。

間食やアルコールの量を減らしただけで体重が増える人もいれば、食生活を改善してもなかなか体重が減らない人もいます。

しかし、糖尿病は一生つきあう病気ですから、時間をかけてゆっくり体重を減らしていけばよいのです。あせって極端なダイエットをしたりすると、栄養のバランスが悪くなり、かえって体調をくずしてしまうことになります。減量する場合は無理せず気長に取り組むことです。

 

 

6、合併症がある人の食事療法

糖尿病の患者さんのなかには、合併症を持っている人が少なくありません。次のような合併症がある場合には、その症状に合わせた食事療法の工夫が必要になります。

 

《1》高血圧症

食塩のとり過ぎが高血圧の原因になっていることは周知のとおりです。そこで、食塩のとり過ぎを防ぐことが一番のポイントとなります。

症状にもよりますが、食塩の摂取量は、「1日7g以下」が目安とされています。


《2》動脈硬化症

動脈硬化症は、おもにコレステロールや中性脂肪などの血中糖質の値が高くなることが特徴です。したがって、コレステロールや飽和脂肪酸の多い食品を控えめにすることが大切です。


《3》糖尿病腎症

尿にたんぱく質が出るようになったら、腎機能が低下していることが考えられます。腎臓に負担をかけるたんぱく質の摂取を制限しなければなりません。

糖尿病が腎不全まで進行した人は、体重1kgあたり0.6~0.8gに抑えます。なるべく豆類などに含まれている上質な植物性たんぱく質をとるようにします。