糖尿病食のテイクアウト食品の活用

テイクアウト食品を選ぶ場合も外食と同じです。家庭でエネルギー計算に基づいて調味料を加減してつくる料理とは違い、塩分、糖分、脂肪分ともに過剰になりやすいので、十分な注意が必要です。

エネルギー表示があるものはチェックできますが、無い場合もあるので、ふだんから食事の計量をして料理と材料のエネルギーを覚えておくことが大切です。

ファーストフードは高カロリーなものもあるため、購入の際には注意が必要です。利用する時は、ハンバーガーやフライドチキンの量を少なくしたり、食べ残したり、サラダやスープを添えたりしてください。ドレッシングはかけないか、和風ドレッシングにして、エネルギーお高いマヨネーズや植物油を使っているものは避けましょう。

テイクアウトもなるべくは控え、出来れば最初は家庭での食事療法を中心にして、慣れてからをオススメします。

家庭での食事療法になれてくればテイクアウト食品を選ぶ場合でも、食品を見るだけでエネルギー量が把握できるようになってきます。

テイクアウトでエネルギーを取り過ぎてしまった場合は家庭での食事でバランスを取るようにしてください。エネルギーを取り過ぎた場合は、家庭の食事を減らし、栄養バランスがかたよってしまった場合は家庭で足りない分の栄養素を補給しましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

You must be logged in to post a comment.