糖尿病の症状

糖尿病の症状は普段の生活の中では中々自覚しにくい症状のため、初期症状から気が付けば末期症状となり合併症によって糖尿病だったことに気が付くケースもあります。

 

糖尿病の初期症状

・喉がよく渇く

・水や清涼飲料水をよく飲む

・尿の量が多くなった

・食事を減らしてないのに体重減少する

・体がだるく疲れやすい


初期症状の怖いところは、痛みがないためわかりにくく、一時的な健康変化だと思い込んでしまい糖尿病に気付かないことです。少しでも上記の症状を感じたら、早めに医師の相談した方が良いでしょう。

 

 

糖尿病の末期症状

・目が見えにくくなる、目がかすむ、視力が落ちたなど

・できものができやすくなったり、傷が膿みやすいまたは治りにくい

・皮膚がかゆい

・陰部がかゆい

・歯がぐらぐらする

・口臭がする

・急激に体重が減少する

・抵抗力がなくなり病気になりやすくなる

 

最初に触れましたが、糖尿病で怖い点は何より合併症です。糖尿病が進行していくと、たんぱく質の糖化が進み、それぞれのたんぱく質本来の機能を果たさなくなり合併症につながっていきます。 糖尿病の症状が進行してしまうと、合併症により失明やかん腎不全、傷口からの細菌による感染を起こし壊疽(細胞が死ぬこと)になり、最終的には下肢の切断が必要になることもあります。

 

糖尿病の3大合併症と言われるのは以下の3つです。

 

 

・糖尿病性網膜症

最悪の場合、失明することもあります。

 

・糖尿病性腎症

腎機能低下。症状が進むと腎不全もなり人工透析が必要になることもあります。

 

・糖尿病性神経障害  

手 足のしびれや痛み、立ちくらみなど

 

普段の生活が偏食であったり食生活のリズムが滅茶苦茶、運動不足の方で初期症状に思い当たる節がある場合は早期に診断してもらうのが良いでしょう。糖尿病は、症状が悪化する前に適切な治療をすることが合併症を防ぐ手段です。食生活の改善や運動を心がけるなど、日頃のセルフケアを心がけるようにしましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

You must be logged in to post a comment.